カナガンドッグフードのメリットと食べさせるときの注意点

カナガンドッグフードのメリットと食べさせるときの注意点

カナガンドッグフードのメリットは?

ドッグフードによっては穀物を入れたりなどして、量を増やしていることも少なくなく、犬は肉食動物であることもあり、消化によくないとされていますが、カナガンドッグフードには穀物は含まれていません。

 

 

ただ、穀物は腹持ちを良くする作用もあるので、その代用としてサツマイモが使われており、サツマイモは消化されるまでがゆっくりなので、腹持ちを良くすることもでき、消化にもいいとされています。

 

 

カナガンドッグフードには人にはそれほど影響がなくても、犬には悪影響を及ぼす恐れがある人工添加物が使われていなくて、天然のハーブやミックスコフェルノールを保存料として使われています。

 

 

また、ドッグフードによっては主原料をあいまいに表示することはなく、カナガンドッグフードの内容表示は鶏肉などどの部位をどれだけ使われているのか詳細に記載されていて、配合量の多いのから記載されています。

 

カナガンドッグフードは無添加で、穀物の代わりにサツマイモを使うなど腹持ちが良く消化の良いものが使われていますが、無添加のデメリットとして開封後から保存できる期間は短く、天然由来の成分は酸化しやすいです

 

 

一度封を開けたらなるべく早く使い切るようにしたり、封がしっかり閉じているかを確認する必要があります。

 

カナガンドッグフード

 

カナガンドッグフードは開封してからの保存期間は1ヶ月とされているので、保存期間を過ぎても余ってしまった場合は、廃棄することも検討したほうがいいかもしれません。

 

 

カナガンドッグフードの原材料には犬の好物である肉が使用されているので、食いつきがいいとされていますが、犬が見向きもしない場合は、毎日様子を見ながら与えるようにすると徐々に食べるようにすることもできます。

 

 

 

ただ、カナガンドッグフードは高タンパク質なので、犬の食いつきが良くなったからと多く与えすぎてしまうと栄養過多になることがあり、犬に余分が脂肪ができてしまうことで犬の体を支える足に負担がかかるので、1日に与える量を調整してあげるといいでしょう。