カナガンドッグフードは脂質の少なさで選びました

カナガンドッグフードは脂質の少なさで選びました

カナガンドッグフードは脂質が少ないんです

 

少し前から我が家で飼っている犬が、ドッグフードを与えた分だけ全て食べるようになり、自分で食事の量を調節しなくなってしまったんです。

 

 

そのせいで急激に体重が増えてしまい、このままでは駄目だと考えて餌の量を調節し始めたものの、犬の体重は中々減りませんでした。

 

 

どうすれば良いのだろうかと困っている時に、新しい餌を与えようと考えて見付けてきたのがカナガンドッグフードです。

 

 

カナガンドッグフードはカロリー制限をしたい時にもぴったりだと聞いて、試しに犬に食べさせてみたところ、すぐに気に入ってくれたようで安心しました。

 

カナガンドッグフード

 

 

 

脂質が少ない目になるように栄養調節されている上に、犬の口に合うように風味にもこだわっているようです。

 

 

豚肉や牛肉ではなく新鮮な鶏肉を使っており、脂質よりもタンパク質を多く摂取できるように調節されています。

 

 

免疫力を高めるために必要なセレンが多く含まれているのも、以前に食べさせていたドッグフードとは違う点です。

 

 

太りすぎによって血糖値が上がっているのも心配だったので、サツマイモの血糖値の調節効果にも期待しています。

 

 

カナガンドッグフード

 

サツマイモはGT値が低いので、白米などを少し与えていた頃と比べても、血糖値に対する不安も少なくなりました。

 

 

食物繊維が大量に含まれていますから、カナガンドッグフードを与えた分だけ、脂質も排出させやすいはずだと考えています。

 

 

実際に犬の便通も良くなっていて、便の形状がまばらだったものが、きちんと固まって便が出るようになったのも嬉しい点です。

 

体重も少しずつ減ってきているので、このままカナガンドッグフードを食べさせていれば、体重も以前の状態に戻ってくれることでしょう。

 

 

我が家の犬は年齢が10歳を迎えており、そろそろ骨が弱ってくるはずだと心配していたので、カルシウムが豊富なところも嬉しく思えます。

 

 

 

 

品質の悪いカルシウムは内臓に悪いのですが、このドッグフードならミネラルの品質にも期待が持てます。