カナガンドッグフードと子犬

カナガンドッグフードは子犬に与えれる?

カナガンドッグフードを子犬に与える場合

カナガンドッグフードの対象年齢でも触れていますが子犬に与える事ができます。

 

生後2〜3週間で乳歯が生えてくる時期に子犬には離乳食を与えて行きますが、

 

その離乳食としてもカナガンを始める事ができます。

 

カナガン子犬

 

ここでカナガンドッグフードを子犬に与える際の注意事項があります。

 

  1. ふやかす時間
  2. 顎の力をちゃんと鍛えてあげる

 

ふやかす時間

 

子犬の年齢にあわせてふやかし具合を変えていく事は重要です。

 

乳歯が生えたばかりの子犬に与える際は、カナガンドッグフードをぬるま湯に1時間程度漬けて完全にふやかしてから与えるようにしましょう。

 

 

顎の力を鍛えてあげる

 

そして数週間おきに少しずつふやかす時間を短くし、最終的にはそのままの状態でカナガンドッグフードを食べられるようにしなくては行けません。

 

 

カナガンドッグフード子犬

 

理由は顎の力が鍛えれなくなるからです。

 

犬にとって顎の力はとても大事です。

 

いつまでもやわらかい餌ばかりを食べていると顎の力は一向に鍛えれず、それが原因で老化が急速に早まるとされています。

 

子犬の歯の成長具合を見ながら、少しずつでいいので硬くしてきましょう。

 

 

ダーツライブ200sの対象年齢

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

カナガンドッグフードの評価

 

カナガンドッグフードのお試し