カナガンドッグフード 高齢

体への負担を軽減!カナガンドッグフードは高齢犬に良い理由

高齢犬にカナガンドッグフードは良いのか?

カナガンドッグフードは全年例対応ですが、特に高齢犬に良いフードと言えます。

 

カナガンドッグフード 高齢

 

犬も人間同様に年を取る事で体の機能が低下する事は避けられません。

 

それに伴い飼い主さんは主食であるフードの見直しが要求されます。

 

例えば市販のフードのように、犬が消化出来ない穀物を使用しているドッグフード等は犬の体に負担になるからです。

 

 

カナガンドッグフードなら高齢犬に

 

犬も年を重ねる毎に体の機能が低下し様々な影響が出てきます。

 

愛犬が高齢犬となるといろんな問題を抱えてくるので、飼い主さんはこの機会にフードの見直しをした方が良いです。

 

 

まず高齢犬となるのは小型犬と中型犬で生後7年、大型犬は生後5年で高齢となります。

 

高齢犬となった愛犬は若かったそれまでとは違い、消化吸収能力の低下や基礎代謝が低下しているはずです。

 

 

その為市販のフード等がそれまでより愛犬の胃や腸に更に負担をかけ、下痢や便秘をも引き起こしていまいます。

 

そして人間同様に筋肉も低下してしまいそれが脂肪に変わり太ってくる事も考えられるでしょう。

 

 

高齢犬はこうした体調の変化があるので、今まで通りのドッグフードというのが愛犬の体が受け付けないのです。

 

そんな高齢犬となった愛犬の為に皆さんはカナガンドッグフードが気になっているのではないでしょうか。

 

 

カナガンドッグフード 高齢

 

 

カナガンドッグフードはそんな高齢犬の体にとても良い作用をします。

 

犬がほとんど消化出来ないとされる穀物はカナガンドッグフードでは使用していません。

 

その代わりにサツマイモといった食物繊維が豊富な食材を使用していて、これは胃や腸の働きを活発にします。

 

更にはハーブも含まれていてその中にオオバコというハーブがあり、その特徴は過剰な水分を吸収するところにあります。

 

そのおかげで下痢を起こしづらく、また腸に良い刺激を与える可溶性繊維(かようせいせんい)を含んでいて、これが便通を促進するのです。

 

 

なので下痢と同様に便秘も起こしづらいという事です。

 

そして高齢犬は筋力が低下してしまいますが、筋肉はそもそもタンパク質から作られています。

 

 

これは高齢犬となった愛犬に良質の動物性タンパク質を摂らせてあげる事で、その筋肉を保ち脂肪になる事を防げるんです。

 

わかりやすく言うと、愛犬が太りづらいという事になります。

 

 

その良質なタンパク質はもちろんカナガンドッグフードを愛犬に食べさせてあげると摂取出来ます。

 

太る=肥満は様々な病気の原因となりますが、カナガンドッグフードを愛犬に与える事でこれを防ぐ事が出来るでしょう。

 

 

カナガンドッグフードはその含まれる素材で犬の免疫力も高め、病気の予防にもなります。

 

しかしこうして太る事を防ぐという事もまた、犬の病気を予防する事の一つなんです。

 

 

こうした予防効果というのは、愛犬が元気を保てるという事と同義です。

 

愛犬が元気でいる事でその分長生き出来るという事にも繋がりますし、それはつまり一緒にいられる時間が増えるという事です。

 

 

カナガンドッグフードは愛犬家さん達のそんな想いに答えてくれるドッグフードと言えます。

 

 

まとめ

 

 

カナガンドッグフードは全年齢対応なので、子犬ももちろん食べられますし高齢犬ももちろん食べる事が出来ます。

 

 

愛犬が高齢犬ともなると主食であるドッグフードの選び方というもの、想像以上に難しいものです。

 

 

ですがこうして高齢犬にも対応した良質のカナガンドッグフードがあります。

 

『どれにしたら良いのだろう・・・』

 

と、悩んでいる飼い主さん、愛犬の体の健康をサポートしてくれるこのカナガンドッグフードを検討してみてください。

 

 

カナガンは高齢犬の消化吸収能力や筋力の低下等を防ぎ、根本的なところから健康をサポートしてくれるフードです。

 

 

カナガンドッグフードトップページ